リスクコンサルタント 京都市西京区シーガル
コンセプト
業務内容
社長のコラム
法律豆知識
料金体制
会社概要
お問合せ
リンク集
個人情報保護法
サイトマップ
社長のコラム
株式会社シーガル代表
 
プロフィール 代表取締役 池田伸
京都市出身。自分自身が遭遇したトラブルがきっかけで、もっと紳士的に、合法的に世の中の問題を解決することはできないか考えるようになり、独学で民法を学び、金融業を経てシーガルを設立。現在、愛犬と暮らす。愛犬のうち1匹は警察犬。人々を助け、多忙な活躍を続けるシェパード「ジェニー」のわずか年3回の帰宅が待ち遠しい日々。犬の障害物競走「アジリティ」にも出場し、犬と心を通わせることが大きな喜び。 警察犬ジェニー
道具
「弘法筆を選ばず」と云うことわざがあります。
弘法大師空海のことで、書の達人と言われ、とても字の上手な人でした。
上手な人はどんな道具を使っても上手にできる、という意味の例えです。
が、天の邪鬼な私は「弘法でない人は筆を選べ」という意味になると思うので、以前から私は道具は良いものを買うようにしてきました。
「腕の悪さを道具がカバーする」のです。
ただ、購入した道具がいい道具かどうかの見極めは必要です。
単に値段が高いだけで、品質や性能は変わらないという道具も結構ありますから・・・
いわゆるブランドものというヤツです。
また、いくら性能が良くても、自分の手に余るようなモノだと難儀します。
「道具は人を見る」という言葉もありますから・・・
なので、いくら良い道具であっても、その人に合っていなければどうにもならないし、使いこなせない性能であれば宝の持ち腐れです。
どちらにしても、弘法でないなら「真剣に自分に合う道具を選べ」ということです。
安易に、適当に道具を買ったり選んだりしたらダメだと言う事です。
自分の腕を見極めて、自分の腕に合った道具をしっかりと選べば、弘法でなくてもそれなりの仕事はできると、私的には思うのですが・・・
 
 
2020年 9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
前月翌月
08日:道具
04日:初秋
 
株式会社 シーガル 〒615-8033 京都市西京区下津林東大般若町1番地 セジュール GAIA 4F
TEL 075-391-4444  FAX 075-391-4455 
copyright(c)2005 Seagull&Co,All Rights Reserved.