リスクコンサルタント 京都市西京区シーガル
コンセプト
業務内容
社長のコラム
法律豆知識
料金体制
会社概要
お問合せ
リンク集
個人情報保護法
サイトマップ
社長のコラム
株式会社シーガル代表
 
プロフィール 代表取締役 池田伸
京都市出身。自分自身が遭遇したトラブルがきっかけで、もっと紳士的に、合法的に世の中の問題を解決することはできないか考えるようになり、独学で民法を学び、金融業を経てシーガルを設立。現在、愛犬と暮らす。愛犬のうち1匹は警察犬。人々を助け、多忙な活躍を続けるシェパード「ジェニー」のわずか年3回の帰宅が待ち遠しい日々。犬の障害物競走「アジリティ」にも出場し、犬と心を通わせることが大きな喜び。 警察犬ジェニー
輝き
考えた事や願った事、思ったことがその通りにうに運べばこれほど良いことは無いと思います。
私は光輝いている人を見るとその裏側にある陰を見たくなります。
本物の光を放つその人は、それはそれなりの下積み時代が有るように思います。
労せずして財を成した人や成功を収めた人は、それなりの輝きでしかない。
ある、打ち合わせの席で、先生は人に教えるのは上手いけれど自分の事となると○○ですね、などと話している声が聞こえた。
その先生、今まで何冊もの本を出していて、TVのパネラーや講演もして、会社も経営されているらしい。
その時はその人が、立派な紳士に見えたけれど、なぜか鈍い光しか感じられなかった。
業界の専門用語を多く知っていて、数理関係にも詳しく、PCのプログラミングまで出来る人は、最近以外にたくさん居られます。
が、リスク管理や危機対応の仕事は、知識が多いから上手くいくということではない。
その場その場の対応と対策を、瞬時に判断して更にベストな結果を求めていく、経験の積み重ねのように思います。
そのようにしてこられた人は、やはり輝きが違うように感じます
話術のみならず人生の重みというか、燻し銀のような、心に感じ入るものあるはずです。
私自身、輝きを放つような人間になれるまでには、まだ何度となく険しい道を辿らなければならないだろうと、考える昨今です。
 
 
2018年 6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前月翌月
16日:輝き
12日:リタイア後
07日:梅雨は?
04日:カステラ
 
株式会社 シーガル 〒615-8033 京都市西京区下津林東大般若町1番地 セジュール GAIA 4F
TEL 075-391-4444  FAX 075-391-4455 
copyright(c)2005 Seagull&Co,All Rights Reserved.